ちゃんと磨いているはずなのに歯が黄色い!

歯が黄色いとそれだけで見られている相手には良くない印象を与えてしまいますね。
どんな印象なのかと言えばそれは自分が歯が黄色い人を見た時に何を思うかを考えればわかるでしょう。

 

 

しかし、中にはきちんと歯を磨いているのに歯が黄色いのは何でだ!というフラストレーションを抱えている人もいるはずです。
普段から気を使って磨いていればいるほどその気持ちは強いのではないかと思います。


歯が黄色くなってしまう原因は大きく分けると着色汚れと変色の二つに分けることができます。

 

着色汚れの原因というのは主に色の濃いものをよく飲食することや歯の黄ばみの原因となる
ステインが付着しやすい成分(ポリフェノールなど)を含むものを飲食したり、
タバコのヤニなど外部から付着するものによって歯が黄色くなってしまっていることが考えられます。
歯が黄色くなりやすい飲食物はこちらの記事「歯に着色しやすい食べ物や飲み物はここに気を付けよう」にて紹介しています。

 

そして、着色汚れというのはよっぽどひどいものでない限りは歯医者でのクリーニングや
専用のホワイトニングジェルを使った歯磨きなどで落とすことが可能です。
それによって不自然な程に白くすることは不可能ですが、歯が持つ本来の白さを取り戻すことは十分可能です。

 

一方で変色の原因というのは、歯の神経を抜いたり、加齢、幼い頃の薬の影響などによって
エナメル質の内側にある象牙質が変色してしまうというのが主なものです。

 

こちらは一生懸命歯を磨いていたとしても内側で起こっているのでそれに関係なく歯は黄色くなります。
これらの変色による黄色い歯というのはホワイトニングで白くするしかありません。

 

あなたの黄色い歯は何が原因になっているでしょうか?
詳しくはこちらの記事「歯の着色汚れと変色の違いって何?」でも紹介しています。

実際は着色汚れによる歯の黄ばみがほとんど

歯が黄色い原因の中でも一番多いのは着色汚れによるものだと思います。
というのも、どんなに一生懸命歯磨きをしても完璧に歯を綺麗にすることはほぼ不可能だと言われるように
黄ばみの原因となるステインは少しずつ歯に溜まっていってしまうからです。

 

 

唾液に含まれるペリクルというタンパク質がステインを引き寄せてしまう働きをするので
たとえ何も食べたり飲んだりしていなくてもペリクルによって歯にはステインが少しずつ付着してしまうのです。

 

 

しょっちゅう歯磨きをしていれば別ですが少しでも間が開いてしまったり磨き残しがあったりするとどんどん溜まっていきます。

 

 

そうなるとだんだん普段の歯磨きだけでは落とすことが難しくなってしまい、歯が黄色い状態になってしまうというわけです。
ステインクリアやステインオフと謳われた市販の歯磨き粉はたくさんありますが
実際にそういった歯磨き粉で期待したような効果を得られないことは使ったことがある人が一番わかっているでしょう。

 

 

なのでそんな黄色い歯を白くするために、タバコのヤニのようなこびり付いて沈着してしまった汚れは
歯医者のクリーニングで落とし、日常のケアではホワイトニング専用のジェルを使って歯磨きをすることです。

 

 

ホワイトニングジェルを使うと手間は増えますがやはり市販の歯磨き粉とは一味違います
研磨成分によって削って落とす商品もありますが、最近の主流は汚れを浮かせて落とすタイプの商品です。
歯の健康を考えた場合にもやはりそっちのほうが安心して利用できますからね。

 

 

歯医者でするクリーニングも本格的なホワイトニングに比べればずっと安いですし、特に目立つ汚れも綺麗にしてくれます。
このクリーニングは実際には歯を削っていることになるのですが歯医者でするクリーニングの場合は医師が
再石灰化によって修復できる範囲で削っているので特に問題はありません。

 

 

加齢による歯の変色も比較的年配の方になると多くなってきますが、この場合は歯の内部から処置をするか、
外部からマニキュアなどで白くするかになってくるのでこれには本格的なホワイトニングの必要が生じてきます。

 

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニング、範囲によってかかる費用は変わってきますが
平均的な話で言えば10万円前後は必要になると思っておいたほうがいいでしょう。

黄色い歯を白くする人気のホワイトニングジェルランキング

黄色いはの原因、歯の着色汚れを落として歯を白くするためのホワイトニングジェル。
今人気になっているのはどのような商品なのか気になる方もいると思いますので参考にしてみてください。
これだけでも見違えるように歯が白くなったという人は結構たくさんいるんです。

 

医薬部外品として効果が認められているホワイトニングジェル

 

黄色い歯を白くするという効果が認められている医薬部外品のホワイトニングジェルです。
また、歯を白くする効果以外にも口臭予防や虫歯予防、歯周病予防にも有効な成分が配合されているので
オーラルケア全体をこの1本ですることができる商品です。
「とにかく黄色い歯を白くしたい!」と効果を重視する人にはオススメです。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングの詳細はコチラ>>>

 

完全無添加のホワイトニングジェル
はははのはは完全無添加で自然由来の成分のみで作っているホワイトニングジェルです。
なので安心・安全に利用することができます。
一時期は人気で商品の供給が追い付かず、予約販売のみという状況になるほど話題になりました。
黄色い歯を白くするだけでなく、口臭予防や歯の保湿に役立つ成分も配合されています。
お子様と一緒に使いたい、不安な成分が入っている歯磨き粉は嫌!という方にオススメです。

 

はははのはの詳細はコチラ>>>

 

 

@コスメのオーラルケアランキング1位のホワイトニングジェル

 

美容のレビューサイトとして参考にしている人も多いと思いますが、その@コスメで評価の高い商品です。
リンゴ酸が表面の汚れを浮かして剥がし、フィチン酸がステインの再付着を防ぐコーティング。
その他にも歯周病予防や綺麗な歯茎を保つ成分も入っているまさにオーラルケアに最適な商品です。

 

パールホワイトプロαの詳細はコチラ>>>

 

トゥース

国際特許成分ウルトラメタリン酸が歯の黄ばみを浮かせて落とす!

 

メタリン酸ホワイトニングと言えば美容歯科のホワイトニングなどでも最近採用され始めている
ホワイトニング法ですが、このトゥースメディカルホワイトEXのそのメタリン酸を使っています。
メタリン酸自体は食品添加物としても使われているので安心・安全の商品です。

トゥースMDホワイトEXの詳細はコチラ>>>

 

歯を白くする食べ物なんかあるの?

歯に黄色い着色汚れが付きやすい食べ物と言えば赤ワインやコーヒー、
カレーなど見るからに色が濃いものということでパッと浮かびますが、
反対に歯を白くする食べ物というと何?という人が多いと思います。

 

まず、食べたらその瞬間から黄色い歯が白くなるという食べ物はありません。
まあ一時的に白い着色が付いて白く見えることならあるかもしれませんが・・・。

 

では歯を白くする食べ物とは一体どのようなものなのでしょうか?
例えばチーズ。

 

チーズを始めとして牛乳やヨーグルトといった食べ物はエナメル質の生成を
助ける成分が入っているので良いと言われています。

 

簡単に言えば歯の再石灰化を手助けすることで将来的にはいいと言えるでしょう。
その他にもパパインというパパイヤに多く含まれている成分はタンパク質の
分解を手助けする作用があると言われていますので黄色い歯に付着した汚れを落としてくれます。

 

また、リンゴを筆頭とした梨などにも含まれているリンゴ酸も色素沈着を
解消してくれる成分としてホワイトニング歯磨き粉にも含まれる成分です。

 

その他で言えば食物繊維を多く含む食べ物というのはその繊維が歯を掃除する
役割を担ってくれるので色素沈着を防ぐことに役立つと言われています。

 

しかし、これらの食べ物によって黄色い歯を白くする方法というのは食べたからといって
すぐに黄色い歯が白くなるわけではなくあくまでも食習慣として摂取するのが望ましいと
いうレベルですので効果ありきで考えると焼石に水程度のものと言えるでしょう。


ホワイトニングを行うデメリットについて

肌色美人クリーム

歯が黄色いと当然あなたの第一印象に大きな影響を与えることになるでしょう。
口元の印象をアップさせることが出来るホワイトニングですが、行うことによるデメリットというのはあるのでしょうか?
まずホワイトニングは審美歯科といって、治療のための歯科医療ではないので、費用が高くなるというケースが多くなります。

 

 

歯科医院で行うオフィスホワイトニングの場合には、一回の治療で30,000円〜50,000円の費用が必要になってきます
一回の治療で黄色い歯が希望通りの白さになるということはあまりありませんので、数回は治療を行うことが必要になります。

 

 

だいたい歯が黄色い方なら3回程度はホワイトニングが必要になってきます。
その効果を持続させるためには半年〜1年に一回のホワイトニングが必要になります。
ホワイトニングには時間がかかります。
だいたい一回1時間〜2時間程度は必要になってきます。

 

 

施術後もしばらくは飲食が禁止になり、さらに歯に着色しやすい食べ物はしばらくの間は我慢する必要もありますよ。
また、ホワイトニングの治療中には知覚過敏の状態になることがあります。
このようなデメリットをしっかりと理解して、それでも歯が黄色いことが我慢できないのであれば
ホワイトニングを行うかどうかを検討する必要がありますよね。


歯を黄色くしないためには日頃の手入れが重要

歯が黄色くなってしまう原因は食べ物や飲み物、加齢だけではありません。
歯磨きは毎日していると思いますが、その歯磨きの仕方にも歯が黄色くなってしまう原因があります。

 

ホワイトニング目的の歯磨き粉ではなくても、市販の歯磨き粉には少なからず重曹のような研磨成分が含まれています。

 

ですので普通の歯磨き粉を使っていても歯の表面に傷がついてしまうことがあるのです。
もちろんその傷というのは目には見えないような細かな傷ですが、
そこに着色汚れなどが付着してしまうと結果的に歯が黄色くなることもあるというわけです。

 

歯磨き粉の量も付けすぎるのは良くないということになります。
市販の歯磨き粉には少なからず研磨成分が含まれています。
なので歯磨き粉を付けすぎた上に歯ブラシでゴシゴシと歯を磨くとそれだけでも歯の表面のエナメル質は削れてしまのです。

 

エナメル質が削れて薄くなってしまうと、歯の象牙質の黄色い色が透けて見えてしまうことになるのでそれも歯が黄色く見える原因と言えます。

 

歯を綺麗にしないといけないという気持ちでゴシゴシと歯磨きをするだけでも
歯の黄ばみの原因になってしまうというのは少し悲しいですよね。

 

私もよく歯医者に行くとブラッシングが少し強すぎると言われます。
磨くというよりはブラシを的確に当てていくというようなことを言われるのですが、普通に歯磨きをしていると無意識に強くなってしまうんですよね。

 

歯磨き粉をたっぷりつけたり、ゴシゴシを歯磨きをしないとと磨けているような感じがしないという人も多いと思います。
歯の表面に細かな傷が付いても歯には再石灰化という機能があるので仮にエナメル質が削れても時間が経てば元に戻るらしいのである程度は大丈夫みたいです。

 

なので歯の表面の傷が気になるという方は再石灰化を促す歯磨き粉を使ってもいいかもしれませんね。
そして、黄色い歯が気になるという方は汚れを擦って落とすのではなく浮かせて落とすホワイトニングジェルに切り替えるといいでしょう。

 

また根本的な問題として日本人のエナメル質は欧米の人と比べても薄いと言われているのでそもそものスタートの段階で歯が黄色いというのは否めないかもしれません。

 

参考記事:なぜ日本人はホワイトニングに対する意識が低いの?

 

このような日頃の手入れをしていないと、いざ歯を白くしたいとなった時に、
高額な費用をかけないと白くならないということになってしまうので要注意です。


歯が黄色いと第一印象が悪い

歯が黄色いと第一印象も悪くなってしまいます。
これは実際に第一印象で顔のどの部分を気にするか?というアンケートでも、目元についで口元が2位になっています。

 

アンケートの結果よりも、自分が初めてあった人の歯が黄色いと嫌だなと感じる人は多いと思いますが、
それはそのまま自分に跳ね返ってくるということでもあります。

 

さらに、突っ込んでマイナビのアンケートを見てみると、歯並びが悪い女性と歯が黄色い女性ではどちらのほうが、より悪印象か?というアンケートがあるのですが、そのアンケートでも歯が黄色い女性のほうが悪印象(7割)という結果になっていました。で、歯が黄色いとどのような印象を受けるのか?というと、「不衛生」「女子力が低そう」「不摂生」「喫煙者」といったかなりのマイナスイメージを与えることがわかっています。

 

このアンケートは男性に対して行ったものですが、男女問わず、第一印象で歯が黄色いというのは相当なマイナスです。
もちろん、中には生まれつき歯が黄色い人というのもいます。

 

生まれつき歯が黄色い原因はエナメル質形成不全や栄養障害、ビタミン欠乏、ホルモン異常、遺伝といったこともあり、
このような原因で歯が黄色い場合には当サイトで紹介しているようなホワイトニングジェルでは落とすことができないので、
歯科医院のホワイトニングでラミネートを貼りつけるなどの方法を行うことで歯を白くしなければいけませんが、
生まれつきではなく生活をするなかで歯が黄色いという場合はホワイトニングジェルでも十分生活な白い歯を手に入れることができます。


子供の歯が黄色い場合の原因は?

自分ではなくて子供の歯が黄色いと余計心配になってしまうママも多いと思います。
生まれつきといっても乳歯よりも永久歯のほうが歯が黄色くなりやすいのに、
子供の乳歯の段階で歯が黄色いとビックリしてしまいますよね。

 

子供の歯が黄色く見える原因はいくつかあります。

 

@ステインによる着色汚れ

これは大人の歯が黄色く見える原因と同じですが、もちろん子供の歯もステインによる着色汚れによって歯が黄色くなってしまうことがあります。特に子供がよく口にするカレーやチョコレートと言った色の濃い食べ物や調味料は着色汚れの原因となりやすいのでしっかり落としてあげましょう。普通の歯磨き粉で歯磨きをしても落ちないという場合は当サイトでも紹介しているホワイトニングジェルは子供でも利用することができるので沈着して気になる場合は使ってみてはいかがでしょうか?
黄色い歯を白くするホワイトニングジェルランキング>>>

 

Aテトラサイクロン系の抗生物質の使用

テトラサイクロン系の抗生物質を小さい頃に使用していると歯がより黄色く見えてしまいます。
これは歯の内部の象牙質の黄色っぽい色が濃くなってしまうからと言われています。
テトラサイクロン系の抗生物質は副作用として骨や歯に色素沈着を引き起こします。

 

テトラサイクロン系の抗生物質にはビブラマイシン・ミノマイシン・アクロマイシンV・レダマイシンといった商品があり、子供への処方で考えるとマイコプラズマ肺炎やブドウ球菌など主に細菌による感染症を起こした時に処方されることが多い抗生物質になります。また、妊娠中に服用した場合も子供に影響が出る場合もあります。

 

 

Bエナメル質形成不全

エナメル質形成不全というのは先天性の病気で、エナメル質が上手く作れないことで、
歯の内部の象牙質の黄色い色が他の歯に比べて透けて見えることで歯が黄色く見えてしまう病気です。
永久歯で10%、乳歯であればそれ以下の確率で起こると言われています。
エナメル質形成不全の歯は黄色く見えるだけではなく虫歯にもなりやすいので注意が必要です。

 

Cサホライドを使用した歯科治療

歯が黄色いというよりも黒っぽくなっている場合はサホライドによる歯科治療の可能性が高いです。

 

虫歯の進行を止めるために使用されるサホライドはフッ素と銀の溶液が含まれているのですが、
虫歯の部分に塗ることで殺菌効果や鎮痛効果が得られ、虫歯の進行をとめたりする際に使われます。
このサホライドは塗った部分やその周辺の歯が黒ずんでしまい、歯磨き粉では落とすことができません。
じゃあなんでそんなサホライドを子供の歯科治療に使うのか?というと特に小さい1〜2歳児のお子さんの場合、歯科治療をするのがとても困難な場合があります。(ずっと座っていられなかったり・・)

 

そんな時にサホライドを使用するケースがあるそうです。

 

サホライドを使用したケースは歯科医院に行けば、黒ずんだ部分を削り取ってプラスチックで
覆うという治療が保険適用で可能ですが、テトラサイクロン系の抗生物質による歯の黄ばみと
エナメル質形成不全による歯の黄ばみの場合はホワイトニングによって白くする方法はありますが、
その場合は保険は適用されないので自費診療となります。


歯医者さんの治療で黄色い歯を白くする

歯医者の治療で虫歯を治療するように黄色い歯を白くすることができます。歯医者で黄色い歯を白くする方法は主にクリーニングと言われ、歯のエナメル質を傷付けないように歯の表面に付着した着色の原因となる歯石を落とします。私自身歯医者でのクリーニングはしますが、クリーニングの治療後にフッ素を塗ってもらうと歯の黄ばみの原因となる着色汚れが付きにくくなったり、虫歯の原因となるステインの歯への再付着を防ぐことができます。歯石も削ってくれるので歯のクリーニングの治療の後は口の中がスッキリした感じになります。歯医者でのクリーニングの後は黄色い歯にならないように原因となるカレーやチョコレートといった食べ物、お茶やコーヒーといった飲み物、タバコを避けて小まめにブラッシングをしていればクリーニング後の白い歯を継続して保つことが可能です。ブラッシングはホワイトニングだけでなく、虫歯予防にもとても重要なので丁寧に行いましょう。歯並びが悪い場合などはその部分に歯石が溜まりやすくなって歯が黄色くなることにも繋がるのでブラッシングだけではなく歯のフロスも活用すべきでしょう。フロスを使う場合は被せ物や詰め物、銀歯などに注意して使うといいでしょう。ブラッシングは強くやりすぎると歯の表面のエナメル質が削れてしまいます。また、歯磨き粉の成分に重曹成分が配合されている場合も歯の表面のエナメル質を削ってしまう原因になります。歯の表面のエナメル質が削れてしまうと、削れた表面に着色汚れやステイン・歯石が溜まりやすく、黄色い歯になってしまいますし、汚れが溜まれば虫歯の原因にもなります。歯石はできないかもしれませんが、長い間放置しておけば歯石も溜まり、虫歯の原因にもなるでしょう。正しいブラッシングの方法に自信がない方は歯医者でブラッシングの指導をしてもらってもいいかもしれませんね。歯の表面のエナメル質が削れてしまうと、歯の内部の象牙質の色が透けることで黄色く見えることにも繋がります。実際に私の場合、歯医者でブラッシングの指導を受けてから、歯石や着色汚れが付着しやすいところを重点的にブラッシングをすることで定期健診の際も歯の着色や変色はもちろん、歯石の付着も防ぐことができました。ホワイトニングをすれば歯は白くなりますが、何もしなければまた着色・変色してしまうことになるので例えホワイトニングをしていてもブラッシングはとても重要なのです。ホワイトニングにはホームホワイトニングという自宅で行う方法もありますが、黄色い歯にしたくない場合はホームホワイトニングを取り入れるのもいいでしょう。歯が黄色くなる習慣が付いているとホワイトニングで歯を白くしてもすぐに黄色い歯に戻ってしまうので注意が必要です。歯の黄ばみの原因によってはクリーニングでは黄色い歯を白くすることができない場合もあります。しかし、白い歯にできないことはありません。ホワイトニングの中には生まれつきの黄色い歯や神経を抜いたことによる黄色い歯、被せ物や詰め物による黄色い歯を白くすることもできます。例えば歯にマニキュアを塗って白くする方法もありますし、セラミックにして真っ白い歯にすることも可能です。セラミックであれば人間の歯とは思えないほど白くすることも可能ですし、マニキュアであれば歯の表面がどんな色をしていても白くすることができます。ホームホワイトニングはジェルを使って行う方法が一般的で歯医者でマウスピースを作成してもらい、薬剤を塗って毎日装着します。方法が簡単なのでまずはホームホワイトニングから黄色い歯を白くする人も多いですね。メンテナンスも簡単です。費用も薬剤の種類によって違います。ホームホワイトニングでは被せ物をしている歯は白くなりませんので他のホワイトニングの方法を試しましょう。神経を抜いてプラスチックの被せ物をしている場合などは一度ホワイトニングをしてその後にホワイトニングをした周りの歯の色に合わせて新たにプラスチックの被せ物をしたり、セラミックの歯を装着したりすることが多いようです。詰め物程度であればよほど目立つ場所ではない限り、詰め物の影響はないでしょう。歯並びが悪い場合も通常は矯正などを行って歯並びを良くしてからホワイトニングを行う人が多いですね。ホームホワイトニングとは違い、歯科医院で行うホワイトニングはオフィスホワイトニングと言います。オフィスホワイトニングも黄色い歯を白くする方法の一つです。